MacBook AirにWin7インストールしました。

MacBook AirにWindows7をインストールしました。

●用意するもの

・Win7インストールに対応した MacBook PC ※参考参照
私はMacBookAirです。
・USBメモリとかSDとか(1GBぐらい)
・Win7ライセンスDVD(Home Premium、Professional、Ultimate)
・DVDが読めるドライブ
・ネット環境

●手順

1.MacBookAir “アプリケーション”→“ユーティリティ”→“Boot Campアシスタント”
を起動

2.Boot Campアシスタントで、 ”Windows7インストールディスクを作成”の
チェックを外す

3.USBメモリとかSDとかを接続し“続ける”を押す。

4.Windowsサポートソフトウェアを保存で、“外部ドライブに保存”を選択し“続ける”を押す

5.保存場所の選択が出るので、プルダウンでUSBメモリー(Untitled)を選択。
“保存”をクリックで、ウィンドウズ側で起動するドライバーセットアッププログラムがダウンロードされる。

6.Mac OS側とウィンドウズ7側の容量設定画面では適当な大きさに。
わからない場合は“均一に分割”選択でOK。
私はほぼWindowsにしました。

7.パーティションの分割を指定後、外付けDVDドライブを認識kさせてWindowsのライセンスDVDを挿入。読み込んだかなぁ~で、“インストール”をクリック。
ディスクを挿入せずインストールボタンを押すと“インストーラディスクが見つかりませんでした”
と怒られますw

8.Windows7のセットアッププログラム起動するので、普通に選択で次へ

9.インストールの場所選択で“BOOTCAMP”表示のあるパーティションを選択

10.“ドライブオプション”を選択し、フォーマットします。
※警告が出ますが、OKを押して進めます。

11.とりあえずインストールが完了したら、先ほどのUSBメモリとかSDとかのファイルを参照し、setup を実行

12.ようこそBoot Campインストーラへ が表示、次へ

13.“Apple Software Update for Windows”にチェックしインストール

14.指示に従い再起動で、Boot CampによるWindows7インストールが完了です

【参考】
Boot Camp:Windows 7 のインストールについてよくお問い合わせいただく質問
http://support.apple.com/kb/HT3986?viewlocale=ja_JP

 

 

カテゴリー: 技術情報   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です