Wii Uゲームパッドの新情報追加で任天堂の株価が下がってしまった!?

任天堂は2012年6月5日午前(現地時間)、米国ロサンゼルスで「Electronic Entertainment Expo(E3)」に先立って発表会を開催。
発表したのはWii Uの追加情報など。
Wii Uはタブレット型のコントローラ「Wii Uゲームパッド」を備える据え置き型ゲーム機では初の試み。
任天堂・取締役専務の宮本茂氏は「テレビから自立できた。家庭用ゲーム機の歴史が大きく変わる」とWii Uへの意気込みを語ったそうです。

そんなWii Uには初心者への操作性など、ファミリーをターゲットにしてきた任天堂ハード機としては、不安懸念もあるのか同社の株価は下がっているようです。
斬新な試みには不安もあるのでしょうが、面白い試みでもありますのでリリースされるのが大変楽しみです。

任天堂はネット対応には慎重な態度でいる会社なので、今の時代には対応が遅いという見方もあるようですが~
ファミリーを対象にしてきただけに安心安全なゲーム機でいたいという思いもあるんでしょうね。

ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です